09-10@14-13-33-373

テーブルナプキンは使い捨ての物では紙や不織布の物もありますが、店のコンセプトや店の格式によってテーブルナプキンの種類は様々です。

使い捨てではないテーブルナプキンは店オリジナルのナプキンでロゴが入っていたり、折り方も店独自の遊び心が入った折り方で見てて楽しいものです。
写真は例として6種のテーブルナプキンを折ってみました。

さてさて本題!!
食事のマナーは案外知っている人が多いと思いますが、細部になると以外と知っていないものです。そこで今回はテーブルナプキンの使い方について記します。

*ナプキンの利用目的は2つ
1、食事中に衣服を汚さないため  2、口元や指先の汚れを拭くためです。

*ナプキンを膝の上に置くタイミング
1、オーダーが済んだあと又は食前酒や前菜が運ばれる前に  2、多人数の場合は主席が広げてから又は全員が着席したあとに置きましょう。

*広げ方
1、少しずらして二つ折又は三角や広げても大丈夫です。
2、輪になった方を手前にして膝の上に置きましょう。

*拭き方
1、折った方の内側で拭きます。
2、口紅の油膜やお肉の脂分はワインの液面に幕をはってしまい風味を落としてしまうので口紅等はなるべく控えるか、落ちないもの又は事前に拭き取っておきたいものです。

*途中退席のナプキンの扱い方
途中にトイレ等や中座する場合はナプキンの真ん中を持ち三角形にして椅子の上に置きます。「まだ食事が続いていますよ」の合図になります。

~フランス料理では食事中の途中退席はマナー違反となリます デザート後のお茶の時間でしたら大丈夫です~

*食事終了時のナプキンの扱い方
食事が終わったあとのナプキンは決して畳んではいけません。 ナプキンを畳むというのは「料理が美味しくない」と言う意味です。

~畳むのを忘れるくらい料理が美味しいという意味として適当に置くのがマナーです~
きれいに畳まなければ問題ないのでデザート皿の右側上方に普通に置いてください。

ん~~~~~ん 素晴らしい!! マナーを知っている方ってエレガントで格好イイですよね!!
当レストランでも近々にマナー教室を開催予定ですのでよろしくお願いいたします。

一級レストランサービス技能士  高木 康彦