les-crepiers-en-formation-pour-la-chandeleur

つい先日新年になったと思ったら、あっという間に2月。太陽の出ている時間も少しずつ長くなっており、皆さんが春の訪れを心待ちにしていることと思います。

さて、2月の大きなイベントといえば、バレンタイン。今や世界中で祝われているイベントですね。フランスも例外ではありませんが、フランスにはバレンタインの前にもう一つ、ユニークなイベントがあります。その名は「Chandeleur」。別名”クレープの日”。この名前の由来は「Chandelle(シャンデル)」フランス語ではキャンドルのことを指しますが、この言葉からきています。もともと光を祝う行事で、それを通して繁栄や豊作などを祈る慣わしがあるそうです。

この行事は毎年2月2日に行われ、教会ではろうそくに火を灯してミサが行われます。この行事はカトリックの世界のお話になぞらえて作られているそう。その昔、12月25日にイエスが誕生してから40日後にあたる2月2日に、聖母マリアは教会 にてお清めを受けます。これはユダヤ教における慣わしで、この日を大いに祝ったそうです。キリストは世界の光、太陽のような存在であると信仰されているため、キャンドルの光は死や悪魔をはねつける力があると信じられるようになり、シンボルとして使われるようになります。人々はそれをうちに持ち帰り魔よけとしても使ったそうです。

だからと言ってなぜ”クレープの日”になるのか?これは諸説あるようですが、春を待ち望むケルト人が太陽の形をしたクレープを祭りに使ったという説は私がフランスの友人に聞いた話です。家庭でクレープを食べ、その年の健康と幸福を祈るそうです。日本人の節分に豆を食べる感覚と同じかもしれません。

また、この日にちなんだ言い伝えがいろいろあり、「左手にコインを握ったまま、右手で持ったフライパンでクレープを宙に上げてひっくり返すと、その年は良い年になる。」とか、「一枚目に焼くクレープは、フライパンでひっくり返す時に食器棚の上に放り上げることができると、その年は一年富に恵まれる。」などと言われています。フランス人も日本人と同じく、新年に縁起を担ぐということなのでしょう。でもこの「クレープ占い」、そもそも難しい!!フランス人にとっては家庭でもしょっちゅう作って食べている料理のため、こんな器用な芸当ができるのかもしれませんが、日本人の私が一度だけチャレンジしてみた結果、片手でそんな簡単にクレープを宙に挙げてひっくり返すこと自体ができませんでした。。。我こそは!という器用な方、是非試してみてください。

何はともあれ、春を心待ちにしているのはフランス人も私たち日本人も同じ。おあつらえ向きに明日は日曜日。今年はフランス人気分になって黄金色のクレープを焼いてお祝いしてみてはいかがでしょうか?

サービススタッフ 萩原 瑛世