blog

  • 2013.8.11

    Fête d’anniversaire en France~フランスの誕生日パーティー~

    DSC_0103

    皆様は「誕生日パーティー」と聞くとどんなパーティーを連想されますか?

    フランスでは誕生日を迎える主役がホストとなり、パーティーの準備をし、友人知人を招待するという形式が一般的です。誕生日を祝ってもらうというよりは、「みんなに会いたい、日頃の感謝をしたい」という気持ちが強いようです。(もちろん、子供の誕生日は別ですし、家族内での誕生日のお祝いは日本とスタイルは同じです。)

    また、フランスでは18歳と40歳から10年ごとの節目の誕生日に普段よりも大規模なパーティーを開く習慣が「なんとなく」あるようです。特にフランスでの成人を迎える18歳と、本当の大人の仲間入り?を迎えたと言える40歳の誕生日はなかでも盛大です。

    フランスに日本でいう成人式はありません。その代わりに、成人したことを周囲の人にお披露目するという意味で開かれます。ちなみにここまでは、家族が準備してくれるもの。40歳は社会に出てある程度落ち着き、自分の家族も持ち、それなりに余裕も出てくる頃と見られており、40歳を迎える当人が、これまでの感謝と、これからも続いていくお付き合いをよろしくという挨拶の意味が込められています。

    先日、私も友人からメールで招待を受けました。(もちろん、参加はできませんでしたが。)パーティーに参加したほかの友人たちから聞いた話ですが、2部制のパーティーだったようで、昼間はレストランを貸し切って行われ、夜は当人の自宅での催しだったそうです。

    家族、友人知人が総勢60名招かれ、一大イベントはスタートしました。パーティーはめいめい好きなカクテルをオーダーする食前酒から。

    好きなカクテルをバーでオーダーし、飲み物片手に挨拶をしながら立ち話をし、交友を深めます。参加者全員に挨拶を終えるには最低でも1時間は掛かります。おしゃべりが大好きなフランス人ならではですね。

    ひととおりの挨拶がすむとようやく食事タイムで全員がテーブルにつきます。もちろんしっかりとコースで、前菜、メイン、デザートと続きます。そしてデザートが出ると、招待客が持参したプレゼントを一つ一つ開けて全員に披露。たとえ昼の12時から始まっても、たっぷり夕方過ぎまでパーティーは続きます。

    そして夜になると今度は自宅での立食スタイルのパーティー。ここでは食事やプレゼント披露はもちろんですが、一番の恒例行事はダンス!人が集まれば必ず誰かが踊り出すフランス!私も別のパーティーに参加したとき、90年代ディスコから今はやりの曲までどんな曲がかかっても軽やかなステップで踊り続けられるのを見たときは、ただただ驚くばかりでした。こんな風に深夜まで盛り上がったそうです。 そう、フランスの夜は長いのです。

    皆様もフランス式誕生日パーティーはいかがでしょう?

    2部制はさすがに私たち日本人には抵抗がありますが、節目の誕生日に周囲の人たちに感謝の気持ちを伝える誕生日。こんなフランス式の考え方もなかなか素敵だと私は思います。今年これからお誕生日を迎える方、是非試してみてください。

    サービススタッフ 萩原 瑛世

     

     

  • 2013.8.6

    Qu’est-ce que tu fais dans les vacances de l’été?~夏休みは何をする?~

    パリプラージュいよいよ早い方は今週末あたりから、お盆休み(夏休み)がスタート。今年は9連休と私もお客様から伺いました。このお休みを長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれかもしれませんが、それは日本人の中でのお話。フランスでは2週間から1か月のながーいバカンスが主流です。

    前回革命記念日(7月14日)の話題の時、ここから長いバカンスの始まりだとご紹介したと思いますが、本当にフランス、と言うよりはこれは欧米がと言うことになるのでしょうが、欧米人はしっかり働く代わりにきちんとバカンスをとります。特にフランス人は遊ぶことが大好き、のんびりすることが大好き。なので、7月を超えてからの友達や知り合いに会ったときの挨拶は、Bonjour(こんにちは)の後は、Qu’est-ce que tu fais dans les vacances?(休みは何をするの?)が決まり文句のようなもの。私も友人にはもちろん、普段通っている八百屋さんやパン屋さん、ワイン屋さんに至るまで必ず聞かれていました。

    もちろん聞かれるのは前ふりのようなもの。本当はみんな、自分の夏休みの計画を話したくて仕方ないのです。

    フランス人はメリハリのはっきりしている人が大多数。そんな彼らにとってバカンスは非常に大事なもので、大げさに言うと「バカンスの為に働いている」と言っても過言ではないかもしれません。とにかくくつろぎ、遊び、楽しむことが大好き。

    フランスにいた当初、私も「フランス人はなんて怠け者なんだろう」、なんて思ったものですが、もしかしたら「休むことの大切さ」を知っている国民性なのかもしれません。彼らのONとOFFのスイッチの切り替えようは大変見事、の一言に尽きます。

    皆様は夏休みはどう過ごされますか?アクティブ派の方ものんびり派の方も、是非無理なく思うようにお過ごしください。

    ちなみにRestaurant Perfumesは12日(月)から15日(木)までの4日間だけお盆休みをいただきますが、そのほかは通常通り営業致します。

    夏休みの計画をお話しいただくもよし、夏休みの思い出を語っていただくもよし。

    様々な夏休みを持ってお越しいただくのを、スタッフ一同、お待ちしております!!

    サービススタッフ 萩原 瑛世

  • 2013.7.23

    ~読めるかな?魚編の魚介の当て字~

    IMG_20130723_165052 IMG_20120906_090605

    なぜか、私は魚編の漢字を見るとワクワクするんですねぇー
    勿論、よく目にする魚介は読めますし、書けますよ。
    ですから、お寿司屋さんのメニューや湯飲みは大変落ち着きますし、スーパーマーケットへ買い物も肉コーナーより
    魚のコーナーにいる時間がながいですねぇ!

    載せた写真は昨年、築地市場に行って市場の雰囲気を味わってきた一枚です。

    当レストランのオーナー 成松シェフが4か月の間に使用した魚介は
    ・鮪(      )・鱧(      )・鮃(      )・鮑(      )・鮎(      )
    ・鯔の卵(      )・鰯の塩漬(      )・鮭(      )・鰆(      )
    ・色々な鯛(      )・鱸(      )・鰻(      )・穴子(      )
    ・蝦(      )・章魚/蛸(      )・伊佐木(      )・金糸鯛(      )
    ・公魚(      )・雲丹/海胆/海栗(      )・牡蠣(      )
    等と私は記憶しております。

    他にも私の読み書き出来る魚介を記しますと
    ・魬(      )・鯰(      )・鰤(      )・鱶(      )・鰍(      )
    ・鰹(      )・魳(      )・鮫(      )・鰊(      )・鯨(      )
    ・鰈(      )・鯵(      )・鯖(      )・鮒(      )・鱚(      )
    ・鱈(      )・鱒(      )・鯒(      )・鯉(      )・鯏(      )
    ・細魚(      )・太刀魚(      )・秋刀魚(      )・河豚(      )
    ・柳葉魚(      )

     今現時点で思い浮かぶ魚編の魚介です。
     是非読めるかトライしてみてください。
     
     解答は次回の高木ブログに掲載いたします。

     魚編好きな   高木 康彦

     

  • 2013.7.20

    金鳥の夏。Perfumesも夏。

    皆さんこんにちは。ここ最近の尋常でない暑さの中いかがお過ごしでしょうか?
    さて、夏といえば海やプールと明るくポジティブな季節ですが 鬱陶しい蚊の季節でもあります。
    都会のど真ん中 ここ五反田に蚊なんていないと思ってたのですが、居るんですね五反田にも。。。
    そこで私たちスタッフは考え、様々な手を打ちましたが撃退できず ついに最終兵器の蚊取り線香を導入!!
    しかも懐かしの陶器製蚊取り豚です。フレンチレストランに蚊取り線香の香りはどうだろうと思っていましたが、
    テラスに置いているため、お食事の邪魔になることなく害虫撃退の任を務めてくれています。

    皆様いかがでしょう、ダイニングへのストロークで日本の夏のPerfumeを感じ ダイニングに於いてシェフ渾身の
    本格フレンチのPerfumesとお料理に舌づつみ。
    夏のRestaurantPerfumesの新しい楽しみ方を提案させていただきます。
    皆様のご来店をおまちしております。

to top