blog

  • 2018.7.16

    夢に見た仔羊

    ニュージーランド産でもなく

    オーストラリア産でもなく、

     

    フランス産。

    肉は白身に近くキメが細かい。

     

    噛めばねっとりと舌に絡むが、

    しつこさは無い。

     

    オーナーシェフの成松真悟に質問した。

    「最も好きな肉料理はなんですか?」

     

    答えは

    「仔羊かなぁぁ」

     

    そうだ、

     

    シェフは自分が最も好きなフランス料理を

     

    必ずメニューに置いているのだ。

     

    今はCafeのランチでお出ししている。

     

     

     

    他のお店の料理長さん達もそうしてるのか?

     

    今度から質問して確認する事にしよう。

     

     

    さて、口蹄疫の問題があり、

     

    20年間ぐらい輸入できなかったフランス産の仔羊。

     

    成松はフランス時代に現地で喰いに喰いまくった。

     

    日本では手に入らず、夢にまで見たフランスの

     

    仔羊を。

     

     

    今回お出ししているメニューは

     

    仔羊の煮込み。980円。

     

     

    たまたまフォンドヴォーの仕込みがあり、

     

    そのタイミングでしか出せない商品。

     

    「980円で出せる店があったら出してみろ」と、

     

    成松は笑う。

    修正後

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Cafe Perfumes

    ご予約はお電話で  ↓  ↓  ↓

    0364504205

    カフェご利用の旨、お伝えくださいませ。

     

     

  • 2018.5.31

    夏のShirase

     

    我らレストラン・パフュームにも

     

    夏の知らせが続々と届いております。

     

     

     

    まずは「青梅」です。

     

     

    氷砂糖でシロップを作り、地中海のレモンと合わせて、

     

    ノンアルコール カクテルを作ります。

     

    IMG_0379

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    続いて

     

     

     

    「梅雨いさき」

     

     

     

    長崎県対馬名産、初夏のいさきです。

     

    IMG_0365

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    癖のない香りと上品な脂。

     

     

    ひと晩寝かせて焼き上げます。

     

     

     

     

     

    そして今夜もテラスのお席に、

     

    ワンちゃん同伴でご予約を頂きました。

     

    IMG_0368

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    IMG_0369

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして、、、

     

     

     

     

    燃える調理場の、

     

     

     

     

     

     

    温度計 35℃

     

     

    IMG_0383

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その すべてが我々にとって

     

     

     

    夏の風物詩。

     

     

     

     

     

     

  • 2018.5.17

    ヨーロッパの、とある街角で。

     

     

    イタリア人からの指摘に

     

     

    呆気に取られてしまった。

     

     

    イタリア人は時間にルーズだという流れの中で、

     

     

    「日本人も同じだ。時間にルーズだ」

     

     

    と言われて、一瞬、なんの事かわからなかった。

     

     

    「お前ら日本人はいつまでも仕事をしているじゃないか」

     

     

    「日本人は時間通りに退社できないじゃないか」

     

     

    との事でした。

     

     

    それからは「はい。日本人は時間にルーズです」と言うようにしています。汗

     

     

    repas_fete_roy

     

     

  • 2018.5.11

    指でスープを舐め取った母のマナー

     

     

    よく冷えたガスパチョを作ったのは

     

     

    気候がよく、暖かな日差しが差し込んだからではない。

     

     

    予約リストに「お肉アレルギー」のお客様の名前があったからだ。

     

     

     

     

     

    お肉料理やお肉のエキスを抜きにしてコース料理を仕上げるには、

     

     

    新たな作品をつくる必要があった。

     

     

     

     

    「冷たいガスパチョ・ホタテのタルタル」が完成した。

     

     

     

     

     

    お魚料理とお野菜のお料理をチョイスすれば、

     

     

    お肉に触れずに通れるコースもあるが、

     

     

    そうではなく、お肉に触れなくては通れないコースを、

     

     

    わざわざご注文されたお客様の不自然さにはツッコミを入れず

     

     

     

    鍋と包丁を握るのがプロの料理人である。

     

     

     

     

     

     

    準備に動き回るあわただしさは、やがてその姿を消し、

     

     

    営業が静かに始まる。

     

     

     

     

     

    アレルギー対応に感謝の意を示したお客様は母と娘で、

     

     

    母の日の食事を時間を掛けながら楽しんでいた。

     

     

     

     

    ガスパチョを食べ終えたことを確認すると、

     

     

    サービスマンは調理場に入り、次のお料理を作り始めるようシェフに合図を出す。

     

     

    そしてフロアーに戻り、食べ終えたお皿をすみやかに下げる。

     

     

     

     

    「あ、ちょっと待って下さい。」

     

     

     

     

     

    と私の作業を制し、

     

    母親はスプーンで取りきれず

     

     

    スジ状に残ったスープを

     

     

    指で舐めとった。

     

     

     

     

     

    高級レストランでこれをやるには勇気がいる。

     

     

     

     

     

    もちろん、これが、厄介なテーブルマナーというルール上では

     

     

    宜しくないことは明白だが、悪い気はまったくしなかった。

     

     

     

    それどころか私はこんな事を感じた。

     

     

     

    娘が母の日にご馳走してくれるお料理を一滴たりとも残せません。

     

     

    という母の想い。この時間に対するリスペクト。

     

    そして料理人への{オイシカッタヨ}という謝意だ。

     

     

     

     

     

    その昔、私は先輩に言われた言葉を想い出していた。

     

     

     

    「大事なことは、謙虚に食べる事」

     

     

     

    20年前の教えが

     

     

     

     

    今、

     

     

     

     

     

     

    やっと

     

     

     

     

     

     

     

     

    わかった。

     

     

     

     

    IMG_0311

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「冷たいガスパチョ・ホタテのタルタル」

     

     

    ↓↓ ご予約はこちらから ↓↓

    http://lesperfumes.com/reservation/

    ↑↑ ご予約可能日がわかります ↑↑

     

     

     

    母の日 限定プラン  税サ込 ¥3500

     

    ■カーネーション 1輪 ご用意いたします。
    ■乾杯酒付き
    ・スパークリングワイン
    ・白ワイン
    ・赤ワイン
    ・ノンアルコールカクテル
    Amuse
    本日のアミューズ
    Premier assiette
    第一の皿(下記1~4からお選びいただけます)
    Deuxieme assiette
    第二の皿(下記1~4からお選びいただけます)
    Granite
    お口直し
    Troisieme assiette
    第三の皿(下記1~4からお選びいただけます)
    Le Dessert
    パフューム特製デザート
    Cafe au The
    コーヒー又は紅茶
    Mignardise
    小菓子
    ※第一~第三のお皿は下記メニューから、お選び頂けます。
    1.Les Entrees
    ソテーしたホワイトアスパラガスとスモークサーモン
    2.Les Entrees
    ブルターニュ風パテ パートフィロー包み 粒マスタードクリームソース
    3.Le Poisson
    本日の魚料理 シェフのイマジネーション
    4.Le Viande
    合鴨のロースト ガストリックソースまたは
    和牛ほほ肉のソテー ラヴィコットソース

     

     

    税サ込 ¥3500

     

     

to top